やんばるおじさんの日常

国際協力、ソフトボール、映画、考えることが趣味の農学部4年生です。自分が考えていること、感じていることを外に出して確固たる考えにするようなそんな場所。

生デニム

昨日生デニムを買いました。

生デニムは普段はいてるようなデニムとは違って「糊」がついているんです。

なので、「糊」を落としてしっかり履きこんで自分専用のデニムを作るみたいです。

夢が広がります。

男の子なのでそういう自分専用に心躍ります。

革の財布とか小物とか。

そういうの集めたいです。

イルビゾンテください。

 

 

そういえば四月から院生になりました。

相変わらず森のレクリエーション利用の研究してます。

院生はなんだか授業が英語ばっかりでしんどいですが英語話せるようになりたいのでがんばりますです。

友達が社会人になっていくのをながめながら、モラトリアムをスーパー延長中です。

まだ二年は学生なので勉学がんばります。

余裕

あけましておめでとうございます。

もうすでに、1月も終わりですがあけましておめでとうございます。

 

卒論書いて、筋トレしてnever young beachのお別れの歌の小松菜奈みて、割と充実した学生生活を送らせてもらってます。卒論→卒論→筋トレ→小松菜奈→卒論→筋トレくらいです。

 

そういえば先日やんばる地域がついに世界自然遺産に推薦されましたね。世界遺産は日本に割とあるけど実は世界自然遺産は、知床、屋久島、白神山地小笠原諸島の4つしかないって知ってました?

ちなみに、富士山は、実は世界文化遺産なのです。

 

とまあ、前置きはさておき新年一発目らしく2017年の抱負を書いておきたいです。

まず、これ2000年くらいから続いてることですが、僕はきにしいです。

ビクビクしてるのを隠して周りに優しくしたり、ずっと話してたりします。

バイトでクソしょーもないことが気になったりとか、卒論のめっちゃ細かい文章が気になったりだとか。

まあ、よく言ってしまえば、周りに気を配っている状態。悪くいえば少し周りを気にしすぎです。

もちろん良いところでもあるんですけど、欠点の一つなのかなとも思います。

ただ、これで20年くらい生きてきてるのでもう変わらなくね?とも思うわけです。

 

だから、2017年は自分にとってストレスにならないように少しだけ変えたいと思います。

(無理だってなると続かないから)

なので、今年の目標は「ちょっぴり余裕のある男」にしたいと思います。

周りのこともきにするけど、ちゃんと決断する時は決断することができると余裕って生まれるのかなって。

周りを気にすることと周りを気にしないことを両立するのは難しいけど、今まで周りを気にしてやってこなかった選択をしようと思います。

ちゃんと「これはいらないよ」「これは俺の興味じゃないよ」っていう選択しない選択をもやっていきます。

 

周りは僕のことを、僕が思ってるより気にしてないし、僕にとっての大きな悩みは周りにとっては全然大きい悩みじゃないのです。

結局、最後に決断するのは自分なので、自分に余裕がもてるように今年は自分で多くの決断をして「ちょっぴり余裕のある男」を目指したいと思います。

 

小さな決意表明 2017.1.22

 

 

 

 

 

自分ルール

こんばんは。

やんばるおじさんです。

卒論の中間報告も迫ってきて忙しくなってくるかとおもったけどそうでもありません。

びっくり?

びっくりて漢字で書くと吃驚なのね。吃驚。

とある鋭い友達とラインしてて、自分に自信を持つためにはどうしたら良いのかなという話をしてたら、その人は『自分ルールをもつ』のが良いって言ってました。

 

その友達、かなり鋭くて、思ってること(その時そう思ってないと思っていても)ずばずば当ててくるんです。

で、後から見てああほんとに当たってるじゃんこいつすごいなあって感心することが結構あります。

 

で、とりあえずその友達が言うことは概して正しいことが多いので自分ルールを持ってみようかなと思います。

まあ、その都度自分ルールなんて更新していくものだと思うんですけど、それが義務感にならないように無理のない範囲で守れるものが良いなと思いました。

勉強とかもそうですけど、勉強会とか宿題とかなった瞬間急にめんどくなりますもんね。

というか、なんなら『ブログを始め無理のない範囲で書く』とかも自分ルールなのかな。

 

とまあ、自分ルールを一個ずつ作っていこうかなあって思った話ですので、たまにブログでもそのルールが出てくるかもしれません。

 

それでは。

 

 

『経験』について

こんばんは?

やんばるおじさんです。

昨日は無茶苦茶うまいおでん?を食べにいってうまい酒?を飲んで気分が良いです。

昨日bshopって買ったズボンがきれい目にも履けるしスポーツでも使えるし最強のパンツすぎて気分が良いです。毎日履いてます。

 

『フォトグラファーインニューヨーク』という映画を見ました。

本当に大きい映画館とかじゃなくて小学校改装したみたいなちっさい映画館で見ました。見てる人合計で5人くらいしか見てなかったんですけど雰囲気が超良かった。どうして今まで知らなかったのかと思えるくらい。

 

 正直映画の内容はそこまですごくおもしろい!って感じではなかったんですけど、ニューヨークで活動する写真家15人のドキュメンタリーって感じです。

まあ、詳しくは言わないんですけどやっぱり

好きなことやりたいことを仕事にしてる人って覚悟が違うよなって思いました。

覚悟が違うと、どんな決断も勇気を持ってできるしそれに伴う経験も全然変わってくるよなって。最近本当に自分の経験で自分の言葉でかかないとダメだなと切におもうんですよ。

 

ほら、僕大学一年生の時、東南アジアに行ったじゃないですか。バックパックで。

カンボジアに行ってもっと世界みてみたいなって思って部活やめて、親の反対おしきって東南アジアバックパックに行ってきたんですけど、そういう時の経験ってやっぱり今でも自分でした経験だから人にちゃんと話せるし、なんていうか完全に僕のものだとおもうんですよ。

それは学生団体しててもそうだし、部活しててもそうだし。でも何事も哲学持って自分で初めて経験してみになるのかなって。

誰かが言ってたよってそれじゃ意味がないとおもうんです。(偉そうなこと言ってるけど早く親に東南アジアのお金返さなきゃ)

 

 よく、東南アジア行った大学生が価値観変わった!!って言ってるじゃないですか。

で、それをみてそんなんで価値観変わるかよって批判してる人もたくさんいるじゃないですか。

まあ、僕はどっちでもよくて、その批判自体も価値観変わったことを報告するかどうかなんて本当にどうでもよくて、価値観変わるかどうかはわかりませんけど、本人が自分たちで決断して、しっかり自分の経験にできてるならそれで良いんじゃないのかなって思います。

ちゃんと自分の経験してる人の方が話は面白いしセンスがあるし深みが違う。

僕も決めつけないでニュートラルな心で色々な経験をあと少しな大学生活でしたいなって思います。

そのためには着飾らずにわからないことは素直に受け止めて聞いてていつでも勇気を持って飛び出さなきゃっておもいます。

 

それでは。